インドネシア ワハナ ロングベリー ナチュラル

世界有数のコーヒー生産大国インドネシアの中でも代表的なコーヒー農園であるワハナ農園が手塩にかけて育て上げたロングベリーという大変珍しい品種のコーヒーのご紹介です。

インドネシア ワハナ ロングベリー
ナチュラル【WEBショップ限定品】

生産者 ワハナ農園(PTワハナ・グラハ・マクムール社)
地域 北スマトラ州ダイリ県シディカラン 
標高 1,250m~1,300m
品種 ロングベリー
生産処理 ナチュラル
認証 なし
クロップ 2018/2019

100g入り1個  ¥1,200(税込)

  • 焙煎度合い

  • 豆・粉かを選択してください。

  • サイズ(グラム数)を選択してください。

数量


自家焙煎珈琲バビルサ店主 オススメの理由

世界でも有数のコーヒー生産大国であるインドネシアから非常に珍しいロングベリー種というその名の通り非常に粒の形状が長い個性的なコーヒーのご紹介です。
ロングベリーはエチオピア由来で、ティピカ系種のハラーロングベリーと近似した品種であります。インドネシアではアチェエリアに限って栽培されていました。 ワハナロングベリーはこれをトバ湖エリアにあるワハナ農園にて生産を開始したものであります。
長い時をかけ、出来上がったこの「ワハナ農園ロングベリー」は既存の概念にとらわれず新しいスペシャ ルティコーヒーを作りたいという思いが結集したからこそ実現した、“人の手によって産み出された”新時代のスペシャルティコーヒーです。
従来のマンデリンとは全く異なる、未だかつて出会った事のない風味をお楽しみ頂ければと思います。

味の特徴

このコーヒーは、複数の果物を感じる複雑な風味に、ミルクのようなコクを少し感じた後、クリーンで爽やかな酸味と切れの良い苦みからくる後味が特徴です。

インドネシア ワハナ ロングベリー
ナチュラル

  • 甘味:★★★★★ コク:★★★★☆
  • 酸味:★★★☆☆ 香り:★★★★☆
  • 苦味:★★★★☆

バビルサ店主より

インドネシアは、世界でも有数のコーヒー生産大国ですが、大規模なコーヒー農園は少なく、どちらかというと小規模の生産者が多いコーヒー生産国です。
したがって、インドネシアは、コーヒーを農園指定で購入することや、品種指定で購入することが難しい生産国の一つです。
こちらのワハナ農園は、インドネシアでも数少ない大規模農園で、マンデリンの産地で有名なスマトラ島にあり、その確かな生産技術で、マンデリンの産地にこれまでなかった全プロセス対応可能な精選設備を完成し、インドネシアでも高品質のコーヒーを生産するコーヒー農園として、以前から注目していた農園です。
今回、このワハナ農園が育てている代表的な品種の一つ、ロングベリー種のコーヒーを皆様にご紹介できます事をとても嬉しく思います。
是非、この機会にこの希少なロングベリー種が織り成す複雑で奥の深い味わいをお楽しみ下さい。