グァテマラ サント トーマス パチュージ (RA認証) 

今回ご紹介するコーヒーは、グァテマラのアティトゥラン火山とトリマン火山にはさまれ、アティトゥラン湖周辺に位置する森の中に囲まれた農園のコーヒーです。湖近くで標高が高いため、昼夜の寒暖差が非常に激しく、このような厳しい環境下でゆっくりと大切に育てられた自慢のコーヒーです。

グァテマラ サント トーマス
パチュージ(RA認証)

農園名 サント トーマス パチュージ農園
生産者 Andres Fashen
地域 ソロラ県 アティトゥラン地区
標高 1,300m 〜 1,600m
品種 カツーラ、カツアイ、パチェ
生産処理 フルウォッシュド
認証 レインフォレスト・アライアンス認証
クロップ 2014/2015

100g入り1個  ¥700(税込)

  • 豆・粉かを選択してください。

  • サイズ(グラム数)を選択してください。

数量

1 kg以上のご購入・業務用は割引致します。

お見積もりはこちら


自家焙煎珈琲バビルサ店主 オススメの理由

今回ご紹介するコーヒーは、アティトゥラン火山とトリマン火山にはさまれ、アティトゥラン湖周辺に位置する森の中に囲まれた農園で、 霧の発生が多く、現地の言葉で「霧を生む」という意味のパチュージと名づけられました。湖近くで標高が高いため、昼夜の寒暖差が非常に激しく又、この厳しい環境下で栽培されたコーヒー豆は、実がギュッと引き締まり、まるで柑橘のような甘み、酸味を生み出しています。

サント・トーマス・パチュージ農園は常に向上心を持っており、訪問する度に品質向上のための工夫が垣間見れます。収穫の際に糖度計を導入し、見た目だけではなく、数値でもベストなタイミングを測っています。2014/15クロップの平均糖度は20~22度。最高値は25度をマークしたとのことです。(モノ、種類によって異なりますが、イチゴと同等もしくはそれ以上かと思います)又、この度、Rainforest Alliance認証のClimate Change認証を取得しました。もともと同農園は環境保全に積極的に取り組んでいたため、 今回の認定は、順当かと思われます。Climate Change認証取得には、①気候変動に影響を与えない、②気候変動に備えるという、二つの要求事項が追加されます。Climate Change認証を取得しても、通常のRainforest Alliance認証とのマークの違いはありませんが、名実ともに非常に環境に配慮した農園と言えます。

《レインフォレスト・アライアンス認証について》

生物の多様性を維持し人々の持続可能な生活を守ることを使命とした国際的な非営利環境保護団体です。この認証を得る為には持続可能な農業の行動基準に基づき生産者の収入の安定、農園労働者の人権保護や生活環境の改善、環境保全に基づく作物の栽培方法など厳しい基準があり、これらの基準をクリアし認証を得る事が出来ます。
この認証のおかげで持続可能な環境のもと、品質の良いコーヒーを始めとした農作物ができるだけではなくそこで働く人々の生活環境も良いものとなっています。

味の特徴

柑橘系というより、マスカットの様な爽やかな酸味と甘味、余韻の長い後味、グァテマラらしいボディの強さも備えた大変風味豊かなコーヒーです。

グァテマラ サント トーマス
パチュージ(RA認証)

  • 甘味:★★★★★ コク:★★★☆☆
  • 酸味:★★★★☆ 香り:★★★☆☆
  • 苦味:★★★☆☆

バビルサ店主より

以前より取り扱っておりましたグァテマラのエルインヘルト農園の生豆が手に入りにくくなり、エルインヘルト農園に負けない高品質のものを探していたところ、このサントトーマスパチュージ農園の生豆に出会いました。
ただ入手困難で代替品としてではなくエルインヘルト農園のものとはまた異なる魅力が一杯に詰まったバビルサが自信を持って選び抜いたグァテマラ産コーヒーです。