タンザニア キリマンジャロ マチャレ AB (RA認証)

キリマンジャロコーヒーとして、すっかり日本では御馴染みのコーヒーですが、キリマンジャロ山麓に存在するコーヒー農園の中では、最も標高の高い所に位置する農園で育てられた本物のキリマンジャロコーヒーです。

タンザニア キリマンジャロ 
マチャレ AB(RA認証)

農園名 マチャレ農園
生産者 ベント・ルーサー・メドック夫妻
地域 北部モシ市
標高 1,350m 〜 1,550m
品種 N39、KP423
生産処理 フルウォッシュド
認証 レインフォレストアライアンス認証
クロップ 2014/2015

100g入り1個  ¥650(税込)

  • 豆・粉かを選択してください。

  • サイズ(グラム数)を選択してください。

数量

1 kg以上のご購入・業務用は割引致します。

お見積もりはこちら


自家焙煎珈琲バビルサ店主 オススメの理由

今回ご紹介するコーヒーは世界的に有名なキリマンジャロ山麓にあるマチャレ農園のコーヒーでキリマンジャロ山麓に存在するコーヒー農園の中では最も標高の高い所に位置し(標高1,350m~1,550m)70年の歴史を持つ大農園(130ヘクタール)です。肥沃な火山灰の土壌とキリマンジャロ山より吹き降ろす冷風により、タンザニア国内でも最高品質のコーヒーが産出されています。又、自然環境保全や従業員の労働環境を整備しアフリカ初のレインフォレスト・アライアンスの認証を取得しています。

農園内はシェードツリーが適度に配置され、きちんと管理の行き届いていることが一目にもわかります。キリマンジャロの雪解け水で丁寧に作られたこのコーヒーは、クリーンで爽やかな酸味が特徴で飲み易く、親しみやすい風味が魅力です。

《レインフォレスト・アライアンス認証について》

生物の多様性を維持し人々の持続可能な生活を守ることを使命とした国際的な非営利環境保護団体です。この認証を得る為には持続可能な農業の行動基準に基づき生産者の収入の安定、農園労働者の人権保護や生活環境の改善、環境保全に基づく作物の栽培方法など厳しい基準があり、これらの基準をクリアし認証を得る事が出来ます。
この認証のおかげで持続可能な環境のもと、品質の良いコーヒーを始めとした農作物ができるだけではなくそこで働く人々の生活環境も良いものとなっています。

味の特徴

キリマンジャロコーヒーの知られている特徴として、シトラス系のクリーンな酸味があると思いますが、このマチャレ農園のコーヒーも、十分に綺麗な酸味が楽しめます。又、深煎りにしたこの豆を使ってコーヒーゼリーにすると、とても美味しいコーヒーゼリーが出来ます!

タンザニア キリマンジャロ
マチャレ AB(RA認証)

  • 甘味:★★★☆☆ コク:★★★★☆
  • 酸味:★★★★★ 香り:★★★☆☆
  • 苦味:★★★★☆

バビルサ店主より

キリマンジャロコーヒーというと、日本では御馴染みのブランドのコーヒーですが、かつてキリマンジャロコーヒーと呼ばれていたものは、この農園のあるモシを中心に山麓の斜面で栽培されていたものだけでした。ただ最近は、キリマンジャロ山からはるか離れた平地のアルーシャで採れたものも、キリマンジャロコーヒーとして流通しております。当然、昔のキリマンジャロとは、品質が変わってしまいました。

このマチャレ農園のコーヒーは、かつて愛飲されていたキリマンジャロコーヒーの品質を堪能できる本物のキリマンジャロスペシャルティコーヒーです。