ニューカレドニア ル・ドメーヌ イダマーク ポワントゥ

地上の楽園ニューカレドニアから、カフェインの含有量が通常のコーヒー豆の約半分という大変珍しいコーヒーのご紹介です。

ニューカレドニア ル・ドメーヌ
イダマーク ポワントゥ【Webショップ限定品】

農園名 イダマーク農園
生産者 ジャンポール・ベロム
地域 グランドテール島ファリノ村
標高 350m 〜 400m
品種 リロイ
生産処理 フルウォッシュド(天日乾燥)
認証 なし
クロップ 2016/2017

100g入り1個  ¥6,500

  • 豆・粉かを選択してください。

  • サイズ(グラム数)を選択してください。

数量


自家焙煎珈琲バビルサ店主 オススメの理由

今回は地上の楽園ニューカレドニアからリロイ種という非常に珍しい品種のコーヒーの登場です。ニューカレドニアにこのリロイが伝わったのは18601880年頃です。レユニオン島からカトリック系マリスト修道士が持ち込みました。現在、ニューカレドニアのコーヒー農園は、イダマーク農園のみになってしまい他のコーヒー農園は昨年8月から続く干ばつのため、コーヒー栽培を止めてしまったのです。このイダマーク農園で栽培されているリロイ種というコーヒーは、小粒で端が尖っている形が特徴的で、他のコーヒーの品種に比べカフェインの含有量が約半分というのが最大の特徴です。
現在、世界中でリロイ種が栽培されているのは、ニューカレドニアとレユニオン島の2島のみの大変貴重なコーヒーです。

その貴重さから世界中のVIPから好まれ、フランスの文豪バルザックや英国の首相チャーチルも愛飲していたといわれております。又、かつてのフランスの大統領であるシラク大統領が定期的に購入し、大統領府であるエリーゼ宮にて世界のVIPが訪仏した際に出されていたことから『王宮のコーヒー』とも呼ばれています。
味覚の方もとても口当たりが柔らかく、フルーティな甘みととてもスッキリとした切れの良い後味が特徴のとても上品なVIPな雰囲気を堪能できるコーヒーです。

味の特徴

このコーヒーの味覚特徴として、一番の魅力は一切雑味を感じさせないとてもクリアなカップで、その中でキャラメルやほのかにオレンジの様な甘さやフレーバーが次々と口の中へ駆け巡っていくように感じるのが、とても心地よいです。

ニューカレドニア ル・ドメーヌ
イダマーク ポワントゥ

  • 甘味:★★★★★ コク:★★☆☆☆
  • 酸味:★★★★☆ 香り:★★★☆☆
  • 苦味:★☆☆☆☆

バビルサ店主より

バビルサを開業するずっと以前に、このニューカレドニアのコーヒーを味わう機会があり、そのあまりにもクリアかつ滑らかな口当たりと今まで味わったコーヒーには無かった甘さに感動した記憶があります。そして今年も又、幸運な事にこのニューカレドニアのリロイ種の生豆をごく僅かですが入手出来ました。
今回も生豆の在庫がたいへん少なくWebショップ限定ではありますが、一人でも多くの方にこの感動をお伝えできればと思います。